自分で決めた指標に従って、超逆張り投資を行います。業績無視の、ハイリスク投資は成功するのか?
投資方針と免責
【投資方針】

自分で決めたルールに従って、サインがでた銘柄を翌日の寄りで購入します。
そして、買った当日に購入記録をブログに記載します。
(1銘柄100万円に近い株数購入)
購入後、上昇しない場合は、20%下落で買い増しします。
売りは、買値(買い増しした場合は平均値)から50%上昇か、60日(立会日換算なので約3ヶ月)後に売却します。
業績や悪材料等のニュースは、無視してタイミングのみで投資します。

【免責】
このブログで、記載する銘柄は、投資を推奨するものではありません。
また、このブログの情報により損失を被っても一切責任は負えません。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、事後報告になっていますが。


6/5に6726オー・エイチ・ティ が買値06/01 の181000円(5株)より20%ダウンしましたので、買い増ししました。144800円(7株)

スポンサーサイト

オンライン株取引を始めて、今年で5年目になります。ある意味いい時期にはじめられたのかもしれません。

バブル以後の十数年に及ぶ株価下落から、長い上昇相場へ。しかし、昨年は、ライブドアショック、村上ファンドの事件などの影響で、新興市場は急激に値を下げていきました。

普通の買い物だと、人は喜んでバーゲンセールで買い物をしますが、株の世界ではバーゲンセールで喜んで買う人は、少数です。

なぜでしょうか?

ひとは、株価に一喜一憂しますが、その株価を決める取引は人間がしています。

株価が、下がってくると、「もうあの会社は、だめだ」「追証が必要になる」などマイナスイメージしか出てこなくなります。

そして、セイリングクライマックスを起こします。しかしその後は、売る人がいなくなり、リバウンド買いや見直し買いが出てきます。

 

 

自分で決めた指標サインがでて、その日の寄りで購入した日に報告記事を書く予定です。多い月は、10回以上になると思いますが、市場全体が好調の時は、サインが出ない月もあります。


全く出ない月は、気が向いたら株取引について思いつくことを書いてみたいです。


 

コード      銘柄名        区分       買付日         買値


 3787  テクノマセマティ    マザーズ     05/16     541000


 3328  ネットプライスド    マザーズ     05/21      45800


 3736  コネクトテクノロ    マザーズ     05/21      61000


 3334  イーネットジャパ    ヘラクレス     05/22      68000


 6726  オー・エイチ・ティ    マザーズ     06/01    181000


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。